ビジネス用カードの作成 - 個人事業主.com

トップ開業準備 > ビジネス用カードの作成

ビジネス用カードの作成

個人事業主になれば、ビジネス用のクレジットカードを作成しましょう

個人事業主となったら、ビジネス用の銀行口座開設とともに、ビジネス用のクレジットカードを作成しておくことをおすすめします。個人事業の経理処理で一番のポイントは、ビジネスのお金の出入りとプライベートのお金の出入りをキチンと分けることです。

個人事業を開始すると、交際費、消耗品などの費用がかかりますので、これらの費用をビジネス用のクレジットカードで支払うようにすると、ビジネスとプライベートのお金の出入りをキチンと分けることができます。また、細かい費用を一旦プライベート用の資金で立て替える必要がなくなるため、会計処理の煩わしさから解放されます。

また、ビジネス用のクレジットカードがあると、毎月のカード明細が届きますので、明細を見ただけでいつ、どのような経費に、どれくらい使用したのかが、一目瞭然でわかります。確定申告の際の経費の証明にもそのまま使えますので、経費管理や経理処理が簡単です。

さらに、カード会社が一旦立て替えておいてくれるので、カードの支払日までは現金を手配する必要がありません。

ビジネス用カードのメリット

  1. クレジットカードの使用をプライベート用とビジネス用に分けることで、公私の区別がつき、確定申告のための帳簿付けなどの経費処理が楽になります。
  2. 小口の現金を毎回用意しなくて済みます。
  3. 個人事業での費用をカード決済にすれば、カードの利用から支払いまでに約1〜2ヶ月のサイトがあるため、支払期日を延ばすことができます。会社との取引などの場合、多くの会社は掛けによる支払のため、支払サイトが遅いほど、決済が楽になります。
  4. カードの年会費は、経費となります。
  5. 出張では、海外も含めて、自動的に高額の旅行保険がついているものがあります。
  6. 空港ラウンジの無料利用など、様々な割引や特待サービスを受けることができます。
  7. ポイントが貯まります(ポイントがつかない法人カードもあります)。

ビジネス用カードのデメリット

  1. 年会費がかかるカードがあります。
  2. プライベート用と事業用のクレジットカードを両方持つことになり、カードが多くなります。

おすすめのビジネス用カード

銀行口座と違い、屋号だけでのクレジットカードの発行は基本的に難しいため、ビジネス用のクレジットカードは、主に個人または個人事業主として契約する形になります。

なお、サラリーマンの方は、会社を退職してから新規にクレジットカードを契約する場合は、サラリーマン時代と比べて信用力が低下しているため、クレジットカード会社の審査に通らないことがあります。

下記でおすすめするクレジットカードは、審査が緩め、かつ、ポイント還元率も高めというお得なカードですので、参考にしてみてください。

三井住友カード マーチャントメンバーズクラブ クラシック(一般) カード

年会費:1,250円+税。三井住友カードのビジネスカード。経費管理の一元化などビジネスカードとして基本的な機能が押さえられており、他のビジネスカードに比べて年会費が低いのが特徴です。
ゴールドカードは、年会費10,000円+税。ゴールドカードのステータスに加え、空港ラウンジが無料で利用できたり、カード利用枠や旅行傷害保険が増額となります。

JCB 一般法人カード

年会費:1,250円+税。JCBカードのビジネスカード。こちらも他のビジネスカードに比べて年会費が低く、基本的な機能が押さえられています。
ゴールドカードは、年会費10,000円+税。ゴールドカードのステータスに加え、空港ラウンジが無料で利用できたり、カード利用枠や旅行傷害保険が増額となります。
プラチナカードは、年会費30,000円+税。ゴールドカードのサービスに加え、プラチナ・コンシェルジュデスク、プライオリティ・パスなどのサービスが付帯されます。

オリコ Ex Gold for Biz

年会費:2,000円+税。経営者や個人事業主向けのゴールドカード。ゴールドカードでありながら、他のゴールドカードに比べて年会費が低く、 一般カードと同程度の年会費で済みます。しかも初年度の年会費は無料で、 入会キャンペーンとしてポイントも付きます。ゴールドカードのステータスに加え、 高い旅行傷害保険額やショッピング補償があるのが特徴です。 これだけの特典がついていて年会費は、初年度無料(次年度より2,000円+税)。 ビジネスカードとゴールドカードであるステータスとの両立を図りたい方はコチラ。

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

年会費:26,000円+税。経営者や個人事業主向けのゴールドカード。経費管理の一元化に加え、3ヶ月ごとのカード利用記録を会員別・業種別に集計して報告してくれるため、コストの分析や改善に役立ちます。宅配サービスや事務用品の優遇サービスも付帯。開業から1年未満の個人事業主でも審査に通りやすい。利用額によっては、翌年の年会費が免除。本格的なビジネスカードを利用したい方はコチラ。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

年会費:20,000円+税。経営者や個人事業主向けのプラチナカード。コストの分析や改善に役立つ直近3ヵ月分の利用明細データや、365日24時間対応のコンシェルジェ サービス、国内外の空港ラウンジの無料利用など、プラチナカードならではの最高レベルのサービスが付帯。しかも、年会費は他社ゴールドカードなどに比べて安く、獲得したポイントに有効期限もありません。一般向けのセゾン プラチナ・アメックスカードは招待制ですが、このカードなら申込が可能。さらに年間200万円以上の利用で、翌年度の年会費が半額に。プラチナカードのステータスとお得感の両方を得たい方はコチラ。

 

おすすめの個人事業主用ETCカード

車を多く利用する個人事業主であれば、高速道路の利用に応じてキャッシュバックされるお得な事業主向けETCカードの利用も検討してみてください。現金で通行するよりも30%〜50%安くなります。

個人事業主 ETCカード

年会費:500円+税。法務省から認可を受けている高速情報協同組合が発行している個人事業主や法人向けのETCカード。ETCマイレージサービスを受けることができるため、時間帯割引や毎月の支払額に応じて無料通行分と交換できるポイントが貯まります。5万円分走行して、8,000円還元。しかも車両限定でないため、名義に関係なく、どの車でも利用可能です。クレジット機能も付いていないため安心できます。加入審査もありません。最初、出資金として10,000円が必要ですが、脱退(解約)時に全額返金されます。

ETC/JCB法人カード

年会費:1,250円+税。ETCカードとクレジットカードが1つになった一体型のJCB法人カード。年会費は初年度無料で、ETCマイレージサービスを受けることができるため、時間帯割引や毎月の支払額に応じて無料通行分と交換できるポイントが貯まります。
ゴールドカードは、年会費10,000円+税。ゴールドカードのステータスに加え、空港ラウンジが無料で利用できたり、カード利用枠や旅行傷害保険が増額となります。

 

個人事業の開業準備内容

廃業する場合