個人事業の住民税

個人事業の住民税

個人住民税とは、都道府県や市町村に納める税金です。

個人住民税は、都道府県に支払う都道府県民税と、市町村に支払う市町村民税とがあり、この2つをあわせて住民税と呼んでいます。

法人住民税と区別するため、個人住民税としていますが、個人(事業主)にかかる住民税と同じ意味です。

個人住民税は、所得税等と違い、自分で計算・申告する必要がありません。前年の確定申告をもとに市区町村が個別に計算して通知してくれますので、それに従って納付します。

納付は毎年6月頃に送られてくる納付書を使って納税します。納税は、金融機関などを通じて、各市区町村にまとめて支払います。

(注意)個人住民税は、前年の所得に応じて課される税金のため、現在、収入がない状況(例えば、失業中、専業主婦、学生など)であっても、納付する必要があります。忘れた頃にふと納付書が送られてきますので、あらかじめ資金の準備をしておきましょう。

個人住民税の計算方法

個人住民税の税額は、前年の課税所得に応じて課される所得割と、定められた額で一律に課される均等割を合計した額となります。

詳しくは下表を参照してください。

市町村民税 道府県民税 合計
所得割 6% 4% 10%
均等割 3,000円 1,000円 4,000円

個人事業主の税金

廃業する場合


o